婦人

交換するタイミングを知っておこう|給湯器は生活に必要なアイテム

壊れる前に対策をとろう

女性

最も壊れる季節

毎日の生活で、お湯を使わない日はないと言っても過言ではありません。お風呂に洗顔、食器洗いなど水周りの各地でお湯は重宝します。特に寒くなってくると洗顔はもちろん、食器洗いでさえも水はつらいので、すぐにお湯を出してくれる給湯器は大活躍です。その大活躍の陰で、冬場の給湯器は必死に頑張っています。水の温度が高い夏は、40度にまで沸かすのは余裕ですが、水温が5度くらいになれば、そこから40度にするには頑張らないといけないのは明らかです。この頑張りが給湯器の故障は冬に多いという一番の理由ですので、交換するなら先駆けて秋か、もっとも需要が少ないと思われる夏にしておくくらいの工夫が必要です。真冬に壊れてしまえば、東京のような大都市は交換依頼が多く、順番待ちでなかなか取り換えてもらえないという事態を避けることができます。東京に暮らす人はよけいに工夫が必要と言えます。

壊れるまで使わないこと

一般的に給湯器の寿命は8年から10年程度とされています。家電製品は壊れるまで使い切るのが信条という人もいますが、給湯器に関していえばそこまでいくと不便な目に遭う確率が高まります。東京のように多くの人が暮らすエリアの場合、冬の給湯器交換依頼もかなりの件数に上ります。工事を請け負う業者を見つけるのも大変なくらい、一年でもっとも交換需要の多いときです。幸い、業者は見つかったけれど、肝心の給湯器の希望機種が入荷待ちということもよくあります。そろそろ8年くらいになるなあというときは、一度業者に点検してもらうのもいいでしょう。早めに交換した方がいいとなれば、混雑時を避けて取替えができます。信頼のおける業者を知っていれば、東京でも待たずに取り換えてもらえるでしょう。

壊れる前に直すのがベスト

給湯器

お湯の出が悪いなら、それは故障の前触れですので、壊れる前に給湯器を修理しましょう。特に冬は給湯器に負担が掛かる時期のため、故障の発生率が高くなっています。そして、給湯器を購入する際は修理することも視野に入れ、10年間保証などのアフターサービスが充実する販売店で買うと安心です。

もっと読む

多い時期を知っておこう

メンズ

給湯器の交換は冬場に集中するという特徴があります。冷たい水をお湯にするにはフル稼働せねばならず、毎日目いっぱい動くことで壊れてしまうからです。そのため、交換依頼が集中する真冬より前に替えておくのが賢明です。

もっと読む

ガスも電気もあります

給湯器

新型の給湯器なら、排気熱を利用して効率よく少ないガスでお湯を作り出せます。これに目を付ければ、床暖房を電気からガスに変えることによって、家庭の光熱費を安くできるかもしれないというメリットが生まれてきます。

もっと読む